― ウイルス感染症を紐解く ―

ウイルス感染症を紐解く

私たちは、ウイルスという小さなものによって
病気の発症がどのようにして起こるかを研究し、
新しい治療方法を提案するために研究を進めています。

私たちは、ウイルスという小さなものによって
病気の発症がどのようにして起こるかを研究し、
新しい治療方法を提案するために
研究を進めています。

Message
HPを見て下さっている皆様へ、

 近年、中東でのMERSコロナウイルス、ブラジルでのジカウイルス、そしてアフリカでのエボラウイルスのアウトブレイクが話題となりました。また、季節性インフルエンザ、ヒトRSウイルス、ノロウイルス等は毎年の様に流行を繰り返します。さらに、C型肝炎ウイルス、B型肝炎ウイルス、エイズウイルス等は持続感染し慢性疾患を惹起します。このように人類の脅威となる多くのウイルス感染症が今なお存在しており、これらの感染症の治療薬やワクチンの開発につながる基礎研究は、社会的要請度の高い研究分野だと考えられます。
ヒトゲノムにコードされている蛋白質は数万個と言われていますが、私たちが扱っているウイルスが持つ蛋白質は5個から10個しかありません。そのため、ウイルスは高度にチューンナップされた、たった数個のウイルス蛋白質を駆使して免疫機構を逃れて感染増殖し、病気を引き起こします。地球上には多くのウイルスが存在し、ウイルスにとれば、宿主が病気になってしまうことは自分の生存にとって不利でしょうから、ほとんどのウイルスは病気を起こさず、宿主と仲良くしています。その中で1部の少数のウイルスが、なぜか(間違ったのかも?)宿主を傷つけてしまい、病気にしてしまっていると考えます。私たちの研究室では、ウイルス感染によってなぜ病気になるのかを明らかにしたいと日々研究しています。

 私は、修士課程まで工学部に在籍し、基礎医学とは無縁の世界からウイルス学に飛び込んで来ました。基礎医学研究は、専門分野・学歴・経験を一切問わず、どんな人でもチャンスがあり希望あふれる世界です。私は博士課程でPCRを学びました。コツコツと技術・アイデアを積み上げて、新しい事象を発見する喜びを共有できれば幸いです。

岡本 徹

岡本教授お祝い会

2019年某日、岡本教授お祝い会

どのように増殖するのか?

Research
研究テーマ

Theme01 肝炎ウイルスに関する研究

B型肝炎ウイルスの感染機構の解明

C型肝炎ウイルスの病原性発現機構の解析

Learn More

Theme02 フラビウイルスに関する研究

蚊媒介性ウイルスの伝播機構の解明と新しい治療法の開発

Learn More

なぜ、感染に蚊をつかうのか?

News & Topics
ニュース

2020/06/23
iPS研究所との共同研究がNatureのNewsで紹介されました。
Link
2020/05/26
iPS研究所との共同研究のデータをBioRxivで公開しました。
Link
2020/03/17
微生物研究所内の審良研究室との共同研究成果がImmunity誌に発表されました。
Link
2020/03/06
オーストラリアの研究チームとの共同研究成果がCell Death & Differentiation誌に発表されました。
Link
2020/02/01
博士課程学生の徳永さんの論文がVirology誌に掲載されました。
Link
Read More

どう治療するか?

Member
メンバー

教授 岡本 徹
助教 鈴木 達也
実験補佐員 谷井 薫
実験補佐員 芳賀 紗緒里
博士課程学生 4年(医学系研究科) 徳永 詢
博士課程学生 3年(医学系研究科、学振DC2) 平野 順紀
博士課程学生 2年(生命機能研究科) David Virya Chen
博士課程学生 2年(医学系研究科) He Zhang
修士課程学生 2年(医学系研究科) 石賀 華子
研究生 菰田 泰正

Photo

Access
アクセス

大阪大学微生物病研究所
高等共創研究院 岡本研究室

〒565-0871
大阪府吹田市山田丘3-1
微生物病研究所最先端感染症研究棟6階
Tel/Fax: 06-6879-8330
E-mail: toru[at]biken.osaka-u.ac.jp